Riot vs React & Polymer

Riotとその他近しいライブラリは何が違うの?

React

Riotは、Reactとその「まとめ方(cohesion)」のアイデアからインスパイアされました。Facebookの開発者いわく:

「テンプレートは、問題ではなく、技術を分けるだけだ」

“Templates separate technologies, not concerns.”

私たちは、この直感に敬意を表します。ゴールはテンプレートを作ることではなく、再利用可能なコンポーネントを作ることです。ロジックをテンプレートから分離することで、本来一緒にしておくべきものを追い出してしまっているのです。

これらの関連技術をコンポーネント内にまとめることで、システムはよりクリーンになります。この重要な直感において、Reactは偉大です。

Reactの文法

import React from 'react'
import { render } from 'react-dom'

class Todo extends React.Component {
  state = { items: [], value: '' }
  handleSubmit = e =>
    e.preventDefault() || this.setState({ items: [...this.state.items, this.state.value], value: '' })
  handleChange = e => this.setState({ value: e.target.value })
  render() {
    return (
      <div>
        <h3>TODO</h3>
        <ul>
          {this.state.items.map((item, i) => <li key={i}>{item}</li>)}
        </ul>
        <form onSubmit={this.handleSubmit}>
          <input value={this.state.value} onChange={this.handleChange} />
          <button>Add #{this.state.items.length + 1}</button>
        </form>
      </div>
    )
  }
}

render(<Todo />, mountNode)

JSXはHTMLとJavaScriptが混在しています。HTMLをコンポーネントの好きなところに含めることができます。メソッド内でも、プロパティの値としても。

Riotの文法

こちらは上と同じ内容をRiotで書いた場合です:

<todo>
  <h3>TODO</h3>

  <ul>
    <li each={ item, i in items }>{ item }</li>
  </ul>

  <form onsubmit={ handleSubmit }>
    <input ref="input">
    <button>Add #{ items.length + 1 }</button>
  </form>

  this.items = []

  handleSubmit(e) {
    e.preventDefault()
    var input = this.refs.input
    this.items.push(input.value)
    input.value = ''
  }
</todo>

そして、これは上記のタグがどのようにページ上にマウントされるかを表しています:

<todo></todo>

<script>riot.mount('todo')</script>

同じ、だけど全然違う

Riotでは、HTMLとJavaScriptはより見慣れた形であらわれます。どちらも、同じコンポーネント下にありますが、きちんとそれぞれが分けられています。HTMLはJavaScriptのテンプレート変数(expressions)と混ぜることができます。

テンプレート変数を波括弧で囲むこと以外、独自路線は一切なしです。

少ないボイラープレート、少ない括弧、カンマ、システムプロパティやメソッド名に気がつくでしょう。文字列には、変数を挿入することができます: "Hello " + this.state.worldの代わりに"Hello {world}"、そしてメソッドはES6のコンパクトな文法で定義できます。ほんの少しだけです。

Riotの文法は、再利用可能なコンポーネントとして分離する利点を体感しつつ、レイアウトとロジックを分ける一番すっきりした方法だと、私たちは考えています。

仮想DOM vs テンプレート変数バインディング (expressions binding)

コンポーネントが初期化される際、Reactは仮想DOMを作りますが、一方でRiotはDOMツリーをトラバースするのみです。

Riotはテンプレート変数をそのツリーから取得し、配列に保持します。それぞれのテンプレート変数は、DOMノードへのポインターを持っています。実行ごとにこれらのテンプレート変数は評価され、DOMの値と比較されます。値が変更されていれば、該当するDOMノードが更新されます。

これらのテンプレート変数はキャッシュされるため、更新は非常に高速です。100または1000の式を実行するには、通常1ミリ秒かそれ以下です。

Reactの場合、更新ごとにHTMLレイアウトがランダムに変更されうるため、同期アルゴリズムはもっと複雑です。この計り知れない挑戦に、Facebookの開発者たちは素晴らしい仕事をしました。

しかし、この複雑な変更検知(diffing)を避けられることを、私たちはすでに見てきました。

RiotではHTMLの構造は固定されています。ループと条件文だけが、要素の追加と削除を行います。ですが、例えばdivlabelに変換されるようなことは起きえません。Riotは複雑な部分木(DOMツリー)の置き換えなしに、テンプレート変数だけを更新します。

Fluxとルーティング

ReactはUIのみを扱いますが、それ自体は良いことです。偉大なソフトウェアプロジェクトは必ず鋭いフォーカスを持っています。

Facebookはクライアントサイドのコードを構造化するのに、Fluxの利用を推奨しています。これはフレームワークというよりも素晴らしいアイデアを詰め込んだ、ひとつのパターンです。

Riotはカスタムタグとともに、イベントエミッタ(オブザーバブル)とオプショナルなルータがついて来ます。私たちは、これらがクライアントサイドアプリケーション構築の基礎的なブロックだと信じています。イベントはモジュール性をもたらし、ルータはURLと「戻る」ボタンをハンドリングし、カスタムタグがユーザインターフェースを担います。

まさにFluxのように、Riotは柔軟で、開発者に設計上の大きな決定権を残しています。これは、ゴールに到達するのを助けるライブラリにすぎません。

RiotのオブザーバブルとルータでFluxライクなシステムを構築することも可能です。実際、そういった試みもすでにあります

3倍大きい

React(v16.0.0)は、Riotの3倍のサイズです。

react.min.js – 34.89KB

riot.min.js10.74KB


Reactの推奨ルータ(v4.1.1)は、Riotのルータの6倍です。

react-router.min.js – 10.95KB

react-mini-router.min.js – 4.52KB

riot.router.min.js – 1.77KB

確かに、このルータ比較はちょっと不公平です。なぜなら、react-routerはより多くの機能を持っています。ですが、この図はRiotのゴール、つまり「最もミニマリスティックなAPIを提供すること」を明確に示すものです。

Reactのエコシステムは、よりフレームワーク的で、APIの肥大化の気配がします。実際、react-mini-routerよりも、この大きな選択肢の方がReactコミュニティでは人気です。

Polymer

PolymerはWeb Component標準に則っており、最新ブラウザで利用可能にします。これは、カスタムタグを標準的な方法で書けるということです。

コンセプトとしてはRiotも同じなのですが、いくつかの違いがあります:

  1. Web Componentsの文法は、実験的で複雑です。

  2. Riotは変更のあった要素だけを更新するため、少ないDOM操作で済みます。

  3. それぞれのコンポーネントはHTMLのlink rel="import"で読み込まれます。PolyfillsはXHRsに頼る必要があり、専用のvulcanizeツールを使わない限り、耐えられない遅さです。Riotのタグはscript srcで読み込まれ、一般的なツールで複数のタグを結合することができます。

  4. サーバサイドレンダリングができません。

6倍大きい

Polymer(v1.8.0) + WebComponents(v0.7.24)はRiotの6倍のサイズです。

polymer.min.js – 49.38KB

riot.min.js10.74KB

Web ComponentsはPolyfillの課題の王様と呼ばれ、Polymerがこんなにも巨大なコードを必要とする所以です。

Web components

Web Componentsが標準であるため、最終的にはここに辿り着くべきです。それには年月を必要としますが、いずれは標準コンポーネントがwebを満たすことになるでしょう。

複雑さを伴うため、これらのコンポーネントが直接使われない可能性が高くなります。今日多くの人が、直接DOMを操作せずjQueryを使うように、Web Componentsの上にもレイヤーが存在するようになるでしょう。

Riotはそういった抽象化の一層です。それはアプリケーションが頼りにできる簡単なAPIを提供します。Web Componentsの仕様が発達するにつれ、パフォーマンス向上など実際のメリットがあるのであれば、Riotは内部でそれらを導入することができます。

Riotの目的はUI開発を可能な限り簡単にすることです。現在のAPIは、ウェブテクノロジーの日進月歩の流転に耐えうるよう設計されています。Web ComponentsのjQueryと見てもいいでしょう。より簡潔な文法で同じ目的を果たすからです。それは再利用可能なコンポーネントの作成をシンプルな体験にします。